〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

(0246)25-8181

コラム

COLUMN

2020年01月11日

スタッフ紹介 小規模多機能型すばる コラム

【コラム20・インタビュー】見えてきた「課題」

昨年春に入職し、現在は小規模多機能型すばるで介護スタッフの一員として奮闘している鈴木瀬依奈に私、皆川(地域連携・企画広報課)がインタビューしてきました。入職時にも取材※しましたが、少しずつ自身の成長を実感しているようです。

※「祖母を支えてくれた介護職への憧れ・新卒の鈴木」2019年5月30日投稿:https://iwakikai.jp/blog/1016/

 

↑インタビューに答えてくれた鈴木(左)

 

Q.9ヶ月が過ぎましたが、どうですか?自身の成長などは感じていますか?

瀬)前は「どうしたらいいんだろう」と戸惑ってばかりだったけど、最近は一人でできることも増えてきました。仕事を任せてもらえたり、頼られたりすると嬉しく思います。

 

Q.「一人でできること」というのは具体的にどんなことですか?

瀬)入浴や排泄介助なども一人ですることもあります。まだ不慣れですが…あとは、パソコンで記録の入力などもしています。

 

Q.小規模多機能型では「訪問」サービスがあるけど、そのような業務も一人でしますか?

瀬)毎回ではないけど、一人での訪問もします。そのときは配食のお弁当をお渡しして、服薬確認、バイタル測定、ゴミ回収などをしました。

 

Q.それを瀬依奈さん一人で?すごいですね!

瀬)最初は本当にいっぱいいっぱいで…。でも、経験したことで自信がつきました。

 

Q.利用者様との関わりはどうですか?

瀬)「今日は来てたのね」など自分を覚えてもらえるのが嬉しいです。一人ひとりに合わせた対応もできるようになった気がします。ただ、最近は業務に追われて、利用者様と、ゆっくり話せないときもあります。

 

Q.これから頑張りたいと思っていること・課題はありますか?

瀬)与えられた業務だけで終わってしまうというか…。もっといろんなことに気付いて、積極的に動けるようになりたいです。

 

Q.そういえば最近、車の免許を取りましたね!仕事以外で挑戦してみたいことはありますか?

瀬)いつか自分の車を買って、遠出してみたいです!

 

★小規模多機能型すばるとは・・・https://iwakikai.jp/service/subaru/