〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

0570-080825

コラム

COLUMN

投稿:2019年08月01日更新:2022年07月09日

山内クリニック スタッフコラム コラム - 山内宏之

【コラム08・医療】「心不全(しんふぜん)」って何?(医師・山内宏之)

皆さん、こんにちは。山内宏之です。普段は山内クリニックにて外来診療を担当しておりますが、非常勤医として、福島労災病院の循環器科に勤めており、入院患者さんを診たり、心臓カテーテル検査・治療を行ったり、急患対応もしております。

 

普段、私が診療している患者さんの病気で一番多いのが 【 心不全 】という病気です。皆さん、心不全をご存知でしょうか?

「心不全(しんふぜん)」ってインターネットとかで調べても、何が何だかちょっとわかりにくい病気なんです。やれ「ポンプ異常」だの「循環不全」だの「あらゆる心臓病の終末像」だの「病名じゃなくて症候群」だの書いてありますが、何が何だかやっぱりわかりません。

 

そこで私が普段から患者さんに説明するときは以下のように3行にまとめます。

1.何らかの心臓病が原因で

2.心臓が弱ってしまったために

3.息切れや体のむくみが生じる病気

どうでしょう?ちょっとはわかりやすくなりましたか?

 

ここで「何らかの心臓病」というのが「心筋梗塞」「心臓弁膜症」「心筋症」「不整脈」だったりするわけです。

さて、この「何らかの心臓病=心疾患」ですが、実は日本の死因の第2位です。第1位は「悪性新生物=癌」ですが、肺癌・胃癌・大腸癌など色々な臓器の癌を全て含んでいますので、単一臓器では「心疾患」が最も死因として多いのです。なお、世界では「虚血性心疾患」が死因の第1位です。

 

そして、この「心疾患」による「心不全」ですが、最近どんどん増えてきていて

【 心不全パンデミック=大流行 】 と言われています。

なぜ増えているのか?正確な原因はまだはっきりしていないのですが、

私は「 寿命の超高齢化 」が大きな原因だと思っています。心疾患は高齢になればなるほど多くなってくるんですね。私が担当している入院患者さんの平均年齢は80歳以上です。時々平均年齢が90歳を超えることもあります。これからますます「 超高齢化 」が進んできます。そして【 心不全 】もますます増えてくるでしょう。

 

心臓病は「付き合い方のコツ」があります。機会があればこの「コツ」についてもお話したいと思います。

 

(この記事を書いた人:医師・山内宏之

 

山内宏之医師プロフィール

岩手医科大学医学部卒業後、竹田綜合病院にて初期研修。太田西ノ内病院、白河厚生総合病院など県内各所の基幹病院にて勤務し、平成28年より福島労災病院循環器科に勤務。山内クリニックの非常勤医として外来診療を担当していたが、令和4年4月より、山内クリニックの常勤医となる。