〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

(0246)25-8181

ブログ

BLOG

2017年03月28日

健康・認知症関連カフェ 障がい福祉

20. 障がい者の働く場所にも・カフェ「晴レル家」

 

DSC_7280 (640x427)

● 住民らと触れ合える場所
いわき市の社会福祉法人「いわき福音協会」が2015(平成27)年7月、障がい者の就労支援を兼ねて住民らと触れ合える場所をつくろうとオープンしました。カフェは「平在宅療養多職種連携の会」のメンバーで、いわき福音協会福祉サービス事業所つばさの管理栄養士・加藤すみ子さんらが運営に携わっています。障がいを持ったスタッフは、レジ打ち、食器洗い、接客、食事出しなどできる業務でお仕事。食材は、近くの畑で障がい者らが育てたタマネギ、ニンジン、ブロッコリー、ナノハナなどの野菜を使用しています。

DSC_7299 (640x427)

DSC_7326 (640x427)

● 「かぼちゃパスタ」「焼肉入りドライカレー」
ランチタイムには、季節ごとに変わるランチメニューが味わえます。3月は「南瓜(かぼちゃ)のクリームパスタ」「アラビアータ」「和風パスタ」「ドライカレー焼肉付き」。ランチメニュー以外では、ホットサンドなどの軽食やコーヒー、紅茶、ソフトドリンク、デザートなどが楽しめます。いわき市役所入口で毎週月曜と木曜の昼に特設される福祉の店にも、今月から「晴レル家」のホットサンドが並んでいます。

● 手作り雑貨の販売も
廃材を再利用して内装したという店内は、カフェ好きの職員がデザイン。障がい者手作りのコースターやハンカチなどの雑貨も販売されています。客層は主に30~50代で、子ども連れも見られるといいます。併設する直売所には、障がい者がつくった野菜や雑貨がずらり。加藤さんは「回転率を上げるつもりはなく、障がいのあるなしに関わらず誰もがホッと落ち着ける場所にしていきたい」と話していました。

DSC_7319 (640x421)
↑カフェ脇には雑貨も並ぶ「やさい直売所」

DSC_7314 (640x427)
↑カフェ脇の「やさい直売所」

【晴レル家】
住所:福島県いわき市平上平窪字羽黒40-66
営業時間:カフェは午前10:30~午後4:00(ランチタイムは午後2時まで)、直売所は午前10時半~午後3時
定休日:カフェは土日祝日(来月4月からは土曜営業を再開)、直売所は土日祝日
電話:0246(24)7025
フェイスブック:https://www.facebook.com/%E3%82%84%E3%81%95%E3%81%84%E3%81%AE%E7%9B%B4%E5%A3%B2%E6%89%80%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E6%99%B4%E3%83%AC%E3%83%AB%E5%AE%B6-704016529728258/

【関連記事】
「平地区の多職種『連携の会』」2017年3月17日投稿:https://iwakikai.jp/blog/1770/