〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

(0246)25-8181

ブログ

BLOG

2017年06月12日

認知症 健康・認知症関連カフェ

73. 「認知症」ケアの悩み 気軽に相談・いわき初の「ケアカフェ」

いわき市の医療・介護福祉者の集いの場「ケア・カフェ」が12日、同市平地区のクロスカフェで開かれました。北海道旭川市で誕生し全国に広がっているカフェで、いわきでは初開催。地元紙の福島民報やいわき民報の記者も駆けつける中、参加者は「認知症」をテーマに、ご利用者様へのケアの方法を気軽に相談し合っていました。

DSC_7349 (640x404)

DSC_7315 (640x429)

● 「一人暮らしの認知症患者は、施設を選択せざるを得ない」
医師、介護支援相談員(ケアマネジャー)、介護士、ソーシャルワーカー、デイサービスや障がい者施設、市の職員合わせて約45人が参加しました。5、6人1組となって「認知症」をテーマに、日ごろご利用者様に提供しているケアの相談を気軽に話しました。「一人暮らしの認知症患者の場合、見守りが必要で施設を選択せざるを得ない。自宅で生活させるにはどうすればいいか」「デイサービスでできる認知症ケアは、職員数が少ない上に時間が短く、限界を感じる」「入所を拒んでいた方が、手に負えなくなってから入所を決断するケースがある。悪化すると入所できる施設が限られてしまうので、拒まれても早めに入所させた方がいいのか悩む」などの声が出ました。菓子やコーヒーでリラックスしながら、各20分の話し合いを席替えをはさんで2回行い、最後は全体の意見を共有しました。

DSC_7334 (640x413)

DSC_7328 (640x430)

● 「今後も継続していきたい」
会場には悩みを書いたメモも貼られ「障がい者グループホーム入居者 高齢化により認知症を併発」「覚えた顔のヘルパー以外は『なんで来たの!!』と怒る」などと書かれていました。主催した平地区介護支援専門員交流会の担当者は「今後も継続し、次に会った時にあいさつできるような、顔の見える関係づくりをさらに活発化させたい」と話していました。3カ月に1回の開催をめざし、次回は9月の予定です。

DSC_7339 (640x446)