〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

(0246)25-8181

ブログ

BLOG

2017年06月21日

健康・認知症関連カフェ

80. 介護や健康 悩まないで・コミュニティーカフェで住民が気軽に相談

「コミュニティーカフェ いわさき」が毎月第3木曜、いわき市の特別養護老人ホーム「いわさき荘」で開かれています。介護福祉の専門家から介護や日ごろの悩みを気軽に相談できる場で、地域住民のよりどころに。今月の「カフェ」では、医師による講演会も開かれて、参加者は「熱中症」に理解を深めました。

● リラックスしながら相談
介護保険を受けていないお年寄りにも介護や健康相談できる場をつくろうと、地域貢献を目的に先月5月にスタート。相談役は「いわさき荘」の介護支援専門員(ケアマネジャー)や介護士らが務めます。会場にはコーヒーや菓子が準備され、リラックスして相談ができます。

DSC_7598 (640x397)

● 会場満席 熱中症の講演も
年金日を避けるため特別に第3金曜開催となった6月16日は、住民約50人が訪れ満席。この日は講演が行われ、いわき市平地区の竹林貞吉記念クリニックの松田徹院長が「いざという時、慌てないために」と題して「熱中症」について講演しました。「熱中症になりやすいのは若者か?お年寄りか?」「起こるのが多いのは家か?炎天下か?」などとクイズを出題し「熱をコントロールする力が弱いため、圧倒的にお年寄りが熱中症になりやすい」「炎天下より家庭内で起こるケースが多い」と説明していました。講演後、松田院長や相談役は住民のテーブルに加わり談笑、ひと段落すると次のテーブルに。会場が施設であることを忘れさせる喫茶店にいるような雰囲気の中、熱中症や施設のサービスなどの話題で情報共有していました。

今回の講演は特別に開催されました。基本的には毎回カフェ形式で相談を行いますが、今後も参加者の興味や要望に応えた講演を不定期で開催したいと、担当者は話していました。

DSC_7584 (640x427)
↑熱中症について講演した後、住民と会話する松田医師(右)

DSC_7590 (640x427)

【コミュニティーカフェ いわさき】
場所:特別養護老人ホーム いわさき荘(福島県いわき市常磐上湯長谷町上ノ台88-1)
日時:毎月第3木曜日午前10時から正午
電話:0246-44-5660
参加費:無料

【医療・福祉カフェの関連記事】
https://iwakikai.jp/blog/?c=%e8%aa%8d%e7%9f%a5%e7%97%87%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7