〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

(0246)25-8181

ブログ

BLOG

2017年07月25日

子育て

105. 福島県初の「まぁるい抱っこ」講座・8月30日に郡山市

赤ん坊の抱っこの仕方や姿勢の悩みに応える2つの講座が8月30日、福島県郡山市の「ミューカルがくと館」で開かれます。子育ての講演会や講座を全国で開催する正看護師・辻直美さんが講師を務める福島県初の講座で、郡山市の有志が会を立ち上げて主催します。

● 抱っこに詳しい辻さんが講師
講師の辻さんは、地下鉄サリン事件や東日本大震災、御岳山噴火、熊本地震などの事件災害の現場で活動した豊富な救急救命の経験を持ちます。看護師で働く一方、育児を通して赤ん坊を抱くための袋状の布「スリング」を知って商品化し、関連の書籍も出版。赤ん坊の抱き方や育児などに関する講演会や講座を全国的に開いています。

● 開講のために「県抱っこの会」発足
主催は「福島県まぁるい抱っこの会」。郡山市でベビーマッサージ教室を開く畠山よしえさんが代表を務めます。開講のいきさつは、辻さんの講演を青森県へ聴きに行き感銘を受けた畠山さんが、福島県でも開講してほしいと依頼。約1年連絡を取り合って信頼関係を構築するとともに、主催するため有志を募って今春に「抱っこの会」を立ち上げました。メンバーは、畠山さんの教室の生徒や歯科衛生士ら計4人です。

● 抱っこや姿勢を学ぼう
当日は「まぁるい抱っこ講座」が午前10時から、「子どもの姿勢発達講座」が午後2時から、それぞれスタート。「抱っこ講座」では、抱っこしても反り返ったり、寝つきが悪かったりする悩みに応えます。乳幼児期の姿勢の発達過程を学ぶ「姿勢発達講座」は、寝返りやハイハイをしなかったり、すぐに転んだりする原因と姿勢の関係に理解を深めます。子どもの同伴も可能で、「抱っこ講座」では実際子どもを抱っこして実践的に学びます。

● 「赤ちゃんのための抱っこ」学べる
「抱っこは赤ちゃんの移動手段ですか? 泣き止ませるため? 誰のための抱っこ?」。 青森県での講座で辻さんがそう問いかけた際、畠山さんは「抱っこは自分のための行為になっているかもしれない」と気づかされたといいます。講座では、子どもの心をはぐくむための、赤ちゃんを気持ちよくさせる抱っこの方法を学べます。「上手に抱っこすると、3秒で泣き止み3分で寝付きます」と畠山さん。「心地よい抱っこを体感しにいらしてください」と呼び掛けています。「まぁるい抱っこの会」は講演後も存続させ、定期的に勉強会を開催していく予定です。

【「抱っこ講座」「姿勢発達講座」の詳細】
<両講座>
日にち:2017年8月30日
場所:ミューカルがくと館(福島県郡山市開成一丁目1-1)
申し込みフォーム:http://www.kokuchpro.com/group/f_maaruidakko/
申し込み締め切り:2017年8月28日午後6時
問い合わせ:f_maaruidakko@yahoo.co.jp

①「まぁるい抱っこ講座」
時間:午前10時から正午
料金:7,800円。テキストの希望者は別途800円。

②「子どもの姿勢発達講座」
時間:午後2~4時
料金:12,000円

【講師・辻さん】
公式ブログ:https://ameblo.jp/slinglife-love-nao/entry-12292323328.html

【主催する「抱っこの会」の畠山代表】
公式ブログ:https://ameblo.jp/pocapocabebima/