〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

(0246)25-8181

ブログ

BLOG

2017年08月02日

やがわせデイサービス 小規模多機能型すばる レクリエーション

112.  介護レク|スイカ割りも 夏を楽しむ・医和生会のご利用者様

<医和生会(いわきかい)の介護レク紹介>

ご利用者様が夏を楽しむイベントが、医和生会の施設で開催されています。先月28日には小規模多機能型居宅介護「すばる」でスイカ割り、29日に介護サービス複合施設「いきいきはうす」と今月1日に「やがわせデイサービス」でそれぞれ夏祭りが開かれました。

DSC_0725 (640x407)
↑「すばる」でのスイカ割り

DSC_2075 (640x407)
↑「やがわせデイサービス」での夏祭りイベント

● スイカ割り 「よいしょ!」
「すばる」でのスイカ割りには、ご利用者様11人が参加しました。飛び散らないようにビニール袋に包んだスイカをめがけ、棒を構えてスタート。安全確保のために目隠しはせず、職員の支えを受けながら「よいしょ!」の掛け声で棒を振り落とします。「かたい」「割れない」と苦戦するも、交代でスイカをたたきます。うまくこなせたご利用者様はガッツポーズも。スイカは次第に亀裂が入り、無事に割れました。

DSC_0747 (413x640)

DSC_0778 (435x640)

DSC_0785 (453x640)

DSC_0810 (440x640)

DSC_0841 (428x640)

「スイカばっかりたたかれてかわいそうだね」という慈悲深い声も聞かれましたが、最後はきれいにカットしたスイカを全員でパクリ。「みんなで食べるからおいしいね」と、夏の味覚を堪能していました。

DSC_0950 (427x640)

DSC_0923 (640x427)

DSC_0931 (640x561)

● 輪投げやくじ引き
「やがわせデイサービス」のイベントでは、ご利用者様29人がスイカ割り、輪投げ、くじ引きを楽しみました。輪投げでは、13本のくいをめがけていすに座りながら輪を放ります。真ん中のくいに輪が入ると「おー」と拍手がわきます。手をくいの手前まで伸ばして輪を落とし入れる“裏技”を使うご利用者様もいて、笑いが起こっていました。輪投げ後は、賞品が入った紙袋を引き当てるくじをし、ご利用者様は好きなひもを選んで引きます。全員が、タオルか靴下、ポーチのいずれかを引き当てて楽しみました。タオルを当てたご利用者様は「出掛ける時に持っていきたい」と笑顔でした。

DSC_2072 (446x640)

DSC_2101 (640x427)

DSC_2144 (640x381)

DSC_2209 (461x640)

DSC_1983 (454x640)

DSC_2009 (640x428)

DSC_2243 (640x427)

● ボランティア訪問の演奏も
「いきいきはうす」のイベントでは、和太鼓グループ「一打の会」と「平窪伝統芸能クラブ」がボランティア訪問して演奏。ご利用者様を盛り上げてくださりました。(その様子は別の記事でご紹介)

【やがわせデイサービス】
https://iwakikai.jp/service/yagawase/

【小規模多機能型すばる】