〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

(0246)25-8181

ブログ

BLOG

2019年04月11日

医和生(いわき)会全体 ショートステイ

557. 新入職員にエール!・先輩職員が経験談を語る

当法人の新入職員向けの研修プログラム「先輩職員の経験談を聴こう」が、このほど当法人の「いきいきさろん」で開かれました。先輩職員代表を務めたのは、6年目の草野一生(ショートステイ・生活相談員)、5年目の皆川歩美(地域連携・企画広報課)、3年目の泉成美(ショートステイ・介護職)。3人は、失敗からの学びや今後の目標を話し、新入職員にエールを送りました。

DSC_1048●
↑3年目の泉成美(ショートステイ)

●失敗から学ぼう
生活相談員として、ケアマネジャーや家族様との連絡、宿泊調整をする草野は、家族様への確認不足で、利用者様やスタッフにも迷惑をかけた失敗を振り返ります。「それからは、利用者様の様子は、些細なことでも必ず家族様と連絡を取り合う」と話し、「利用者様や家族様との信頼関係が大切」と強調しました。泉は、認知症の利用者様とうまくコミュニケーションが取れずに悩んだ経験から「時間を見つけては介護記録を読み、1人1人を理解するために努めている」と話しました。新入職員から「認知症の方に、あいさつをしただけで『うるさい!帰れ』などと言われて落ち込んだ。どのような関わりが良かったのか?」と質問され、泉は「求めている距離感も人それぞれ。丁寧に接してほしい方もいれば、家族のように接してほしい方もいる。先輩スタッフに、その方にはどのような関わりが合っているのか聞いてみて。必ず教えてくれる」とアドバイスしました。

DSC_1018●
↑6年目の草野一生(ショートステイ)

DSC_1063●
↑新入職員の向川滉希

DSC_1044●
↑新入職員の鈴木瀬依奈

●今後の目標も
今後の目標について、草野は「サブリーダーとして、指導力を身につけたい」、泉は「資格取得に向けて勉強したい」と語りました。地域連携や法人内外のイベント企画に携わる皆川は「スタッフの想いを実現して、モチベーションアップに貢献したい」と話し、昨年9月にショートステイで行われた「アニマルセラピー」は「動物との触れ合いで、利用者様を喜ばせたい」という泉の想いを実現したイベントだったと説明。ボランティア団体との連絡、調整などで泉をサポートした皆川は「『こんなことができたら楽しいだろうな』『やってみたい』と思ったら書き留めて。先輩や上司、私でもいいので相談してほしい」と呼び掛けました。

DSC_1032●
↑5年目の皆川歩美(地域連携・企画広報課)