〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

(0246)25-8181

ブログ

BLOG

2019年10月22日

ボランティア 地域の話題

692. 断水地区のお年寄り 洗髪してすっきり!・「ロダンバス」がシャンプーボランティア

台風19号の影響で断水した地区のお年寄りにシャンプーをしてあげようと、いわき市内郷地区の移動式理美容店舗「ロダンバス」が21日、同市平窪地区の介護老人福祉施設「幸寿苑」をボランティア訪問しました。介護を必要とする方を優先し、台風後から介護施設を回っています。バスの貯水力上、20人の洗髪が限度ですが、この日は多くの方からの水やガスの支援を受けてお年寄り85人を次々シャンプー。10日近く洗髪できなかったお年寄りは、顔を紅潮させ「気持ちいいね」と笑顔を浮かべていました。

 

車いすのお年寄り4人が同時に洗髪、ドライヤーを受けても十分な広さのロダンバス内

 

車いすでもリフトで入れるロダンバス

 

● 要介護のお年寄りにシャンプー

「ロダンバス」を運営するいわき市内郷地区の「ヘアー・クリエイティブ・ロダン」は、東日本大震災後にも理美容の職能団体の有志とともにシャンプーボランティアを実施。避難所を回り、避難者約1500人にシャンプーをしました。今回は体を動かせる方ではなく、よりシャンプーをするのが難しい介護を必要とする方を対象にしています。シャンプー台2基を備えたバスとホームヘルパー2級の資格を持つ職員の能力を生かし、台風が去った2日後の15日から断水地区の介護施設を巡回。昨日まで約60人以上の髪を洗い、呼び掛けた理美容師仲間と協力して一緒に活動しています。

 

施設内でもシャンプー

 

施設内のシャンプー台にはタンクを設置し、温水を汲み上げてシャワー

 

● 「気持ちいい」と笑顔

活動5日目の21日は、「ロダン」のスタッフ5人と理美容師仲間4人がシャンプー。ロダンバスと施設内のシャンプー台計4基を使い、1人5分ほどのペースで85人の髪を洗いました。リフトに乗って車いすのまま「ロダンバス」に入ってくるお年寄りに、スタッフは「いらっしゃいませ」とあいさつ。シャンプーを頭にかけ、気持ちいい力加減で指先や洗髪ブラシで前後にゴシゴシします。中にはマイシャンプーを持参するお年寄りも。洗い終わってタオルで拭いてもらうお年寄りは「気持ちいいです」とほほ笑み、スタッフは「笑顔にいやされる」とにっこり。バスの収容力は抜群で、車いすの2人がシャンプーしながら別の2人がドライヤーで乾かせる広さです。寝たきりのお年寄りは、車いすも兼ねた特製のバーバーチェアに移乗。髪を乾かしてもらっている99歳のおばあちゃんは「ありがとね」と、鏡に笑顔を映していました。

 

貯水量の限界を超えてより多くの人にシャンプーをするため、県外のNPO法人の給水車から水を受けるロダンバス

 

● 鈴木社長、仲間の支援に感謝

鈴木明夫社長は、バスの貯水量では対応しきれない人数を洗髪できたのは協力者のお陰だと感謝。鈴木社長が去年受講した「ふくしま復興塾」の仲間らの支援で、神奈川県のNPO法人から給水車を呼んだり、シャワー用の水を沸かすためのガスを確保できました。施設の介護スタッフは気持ちよく洗髪できるよう側に付き添い、スタッフは「理美容と介護がコラボできた」と満足げ。さらに台風時に自宅で首まで浸水して生き延びたお年寄りもいて、スタッフは驚いていました。「幸寿苑」では給水しても洗濯だけで使い切ってしまう状況が続き、ご利用者様の体をきれいにするのは清拭で精一杯だったといいます。同施設の吾妻香施設長は「シャンプーだけでも助かります」と喜んでいました。鈴木社長は「今後も定休日などにできる範囲で支援していきたい」と話していました。

 

体の不自由な方に優しい車いすを兼ねた特製バーバーチェア

 

【関連情報】

<ヘアー・クリエイティブ・ロダン>

ホームページ:http://creative-rodan.com/

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/saruakio/

 

<幸寿苑>

ホームページ:http://kojuen.com/

 

<ふくしま復興塾>

ホームページ:http://fukushima-fj.com/

 

【関連記事】

「ロダンバス、営業開始」 2018年12月21日投稿:https://iwakikai.jp/blog/381/