〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

(0246)25-8181

ブログ

BLOG

2019年11月12日

障がい福祉

705. 台風から命守った 多くの障がい者を事前避難・甚大被害の平窪地区で「福音協会」

台風19号によりいわき市内で最も多くの犠牲者を出した平窪地区で、障がい者全員の命が守られていました。市内でも顕著に多くの障がい者が自立生活しているこの地区で障がい犠牲者がゼロだった背景には、障がい者グループホームを運営する社会福祉法人「いわき福音協会」の事前避難の決断と行動力がありました。同地区を中心とした浸水想定区域で生活する障がい者80人を守る前例のない避難だったといいますが、現場職員の強い防災意識が英断を後押ししました。多くの職員も被災した中、協力し合って避難所を運営。台風から1カ月が過ぎた今も避難する障がい者をサポートしています。

 

障がい者の避難所となった「エリコ」。避難は今も続いていました=2019年11月7日

 

● 多くの障がい者が生活する平窪地区

報道によると(※)、台風19号によるいわき市での犠牲者8人のうち、お年寄り4人が命を落としたのが平窪地区。「いわき福音協会」は平窪、同様に被害の大きかった赤井、好間など市内各地区に32の障がい者向けグループホームを運営しています。そのうち浸水想定区域内のホーム数は平窪を中心に赤井、好間、小川の4地区で計21あり、主に知的障がい者80人が自立生活していました。

 

「高齢者がなぜ犠牲に 4人死亡の地区で何が 福島いわき」(NHKニュースホームページより)2019年10月16日更新:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191016/k10012134921000.html

 

● 大人数の避難 前日に決断

同協会が避難を決断したのは台風が襲う前日の10月11日でした。台風が大型だという予報から現場職員から避難を訴える声が上がり、運営する18の障がい施設から施設長を緊急招集して会議。浸水想定区域内の障がい者80人という大人数の避難は前例がなく、本当にできるかの不安もあったといいます。ですが命を守るという声が圧倒して避難を即決。同協会が運営する障がい児者支援センター「エリコ」を避難所にする準備をし、市の担当課に連絡するなど受け入れ態勢を調整。翌午前9時から送迎車10台以上を走らせ、まだ雨が弱かった昼前にはスムーズに全員を避難させました。

 

● 現場職員の訴えたたえ「英断」

台風により平窪と赤井地区の13グループホームが床上浸水しました。最高で浸水168センチに達したホームも。その13ホームで生活する59人のうち41人の部屋が被害に遭い、中には家電や衣類など家財すべてが水没した方もいました。避難していなかった場合について同協会法人本部事務局の山際量事務局長は「浸水に気付いてからとっさに2階に避難できたかどうか…」。障がい者が恐怖とパニックの状況下で適切な判断と機敏な行動ができなかった可能性は高いとみられ、山際事務局長は現場職員の訴えをたたえて「英断だった」と振り返りました。

 

避難者が一緒に寝泊まりしている部屋

 

● 避難者「戻りたい」

台風後は断水したグループホームもあり、ピーク時で20~70代の障がい者112人が避難。その時は「エリコ」のほか、隣接する障がい施設「カナン村」も利用。両施設とも断水しましたが、給水や給食、衣類の寄付を受けて生活を続けました。福祉避難所では障がい者を見守りする職員配置も必要ですが、法人職員約560人のうち約90人も被災した中、協力し合って常駐。11月7日に訪れると避難所は「エリコ」のみに集約され、21人が避難していました。ホールを共有スペースにし、空いたフローリングの部屋を複数人で寝室として利用。50代女性は「みんなと話したり楽しく過ごしている」と語る一方「みんな『戻りたい』って言ってる。わたしも戻りたい」とも。グループホームに戻るにはオーナーが再建する必要があり、新しいホームを探すにも簡単ではなく、日常生活の場を確保するにはまだ時間が掛かるようでした。

 

衣類も水没した方々への支援物資

 

● 今も避難者を支援

山際事務局長と草野淳事業係長は、台風前後に臨時の施設長会を計3回開いて危機意識を共有し合えたのが良かったと振り返っていました。必要な物資や支援の情報共有、被害状況の確認などを事業所間で常に連携できたといいます。現在は避難者がより安心した生活を送れるよう、かつての職員宿舎を仮住まいに利用しようと準備中。全員の避難が終わるまで今も支援を続けています。

 

避難所になっている「エリコ」

 

【関連情報】

いわき福音協会ホームページ:http://i-fukuin.com/

 

【関連記事】

「いわき福音協会を組織し福島整肢療護園を設立させた大河内一郎氏の伝記」:https://iwakikai.jp/blog/?c=%e3%81%93%e3%81%ae%e9%81%93%e3%82%92%e3%82%86%e3%81%8f%e3%83%bb%e5%a4%a7%e6%b2%b3%e5%86%85%e4%b8%80%e9%83%8e%e4%bc%9d%e8%a8%98

「台風後に医師が避難所の『エリコ』を見学にきていた時の記事」 2019年10月17日投稿:https://iwakikai.jp/blog/2511/

 

<防災関連>

「防災ママカフェ@いわき」 2017年12月1日投稿:https://iwakikai.jp/blog/2576/

「災害時の要配慮者支援を考える学習会」2017年12月27日投稿:https://iwakikai.jp/blog/2574/