〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

(0246)25-8181

ブログ

BLOG

2020年03月07日

地域の話題 子育て

773. 「子どもたちの居場所をつくりたい」・常磐地区で臨時学童保育開所

新型コロナウイルスの感染拡大予防で小中高校などが臨時休校となる中、一人ぼっちになってしまう子の居場所を確保しようと、いわき市常磐地区で臨時の学童保育が23日まで複数開所されています。緊急で新たに設置した学童保育と、時間を臨時延長した放課後等デイサービスの学童保育では、状況に違いがあるようです。(臨時学童保育の詳細は以下)

 

●学童保育を臨時開所

いわき市は小中学校が今月4~23日まで臨時休校になりました。それを受けて常磐地区で学童保育を臨時開所した会社の一つが、保育園などを運営する「株式会社キャンディきっず」。共働きやひとり親家庭などで「どうしても仕事を休めない」「頼れる家族や親戚がいない」と困っている家族を助けようと学童保育を4日から始めました。ですが5日の時点で、予想外に利用者は予約含めゼロ。代表の山野辺みゆきさんは、学校が6日まで低学年児童を受け入れるのに加え、すでに利用している学童保育を延長したり親戚に預けたりする家庭が多いとみています。

 

↑「株式会社キャンディきっず」代表の山野辺みゆきさん

 

●学習しやすい環境を用意

「株式会社キャンディきっず」が開所した場所は常磐湯本町の温泉旅館「古滝屋」の10階。普段は宴会場として利用されている和室で、最大30人ほど入れます。長机、ホワイドボードを用意し、学習しやすい環境を用意。プロジェクターを使用したオンライン学習も検討しています。遊びも取り入れ、子どもたちが楽しく過ごせるような工夫も。同館8階で運営する託児所スタッフとボランティアにご協力いただき、人員を確保しました。

 

↑古滝屋10階の宴会場を借りての臨時学童保育

 

●「今後に生かしたい」

SNSで広くPRし、PTA関係者にも伝えたものの、相談問い合わせは5日現在で2、3件ほど。開所2日間で利用や予約がない状況に「新たな学童保育へのニーズはなかったかも」と山野辺さん。すでに利用している学童保育を延長利用する声も身近な保護者から聞いている山野辺さんは「人手不足の学童保育へのスタッフ派遣」というアイデアも浮かび、今後の緊急対応時に生かします。今回の臨時学童保育は、急な預け先がなくなった緊急時の駆け込み寺として役割を果たそうと、山野辺さんは考えています。

 

↑5日現在、利用や予約がない状況

 

●ボランティアも呼び掛け

一方、同様に常磐地区で臨時の学童保育を開所した放課後等デイサービス「放デイ『U.AND(ユーアンド)舎』」(※)は慌ただしい様子。7日現在、運営する株式会社「あんど」の田子恵子代表によると、通常より多くの児童が朝から過ごし、スタッフも長時間労働になっている状況だという。スタッフが足りなくなる恐れもあるという田子代表はボランティアを呼び掛けるとともに、「少しでもお子様の居場所をつくれたら幸いです」と話しています。

 

※「放デイU.AND舎の紹介記事」 2018年8月30日投稿:https://iwakikai.jp/blog/726/

 

【常磐地区の臨時学童保育の詳細】

<キャンディきっず>

場所:古滝屋(いわき市常磐湯本町三函208)

期間:2020年3月4~23日(予定)

時間:平日8時から17時半

対象:小学生

利用料:1日1,000円 4時間まで500円(※就学援助対象世帯は無料)

給食・おやつ代:500円

持ち物:筆記用具、水筒、ハンカチ、チリ紙、マスク(ない場合はハンカチを多めにお持ちください)

登録時必要書類:母子手帳予防接種ページのコピー、保険証コピー、緊急連絡先、契約書

申込・連絡先:070-2018-1350(山野辺みゆき)

ホームページ:http://candy-kids.net/

 

<あんど>

場所:放デイU.AND舎(福島県いわき市常磐湯本町天王崎92湯本ビル3階)

期間:2020年3月4~23日(予定)

時間:平日8時半から19時半

対象:小学生

利用料:無料

持ち物:筆記用具、水筒、ハンカチ、チリ紙、マスク(ない場合はハンカチを多めにお持ちください)
登録時必要書類:母子手帳予防接種ページコピー、保険証コピー、緊急連絡先、契約書

申込・連絡先:0246-43-0373(電話 ) u.andsya@gmail.com(メール)

ホームページ:http://uand-iwaki.com/