〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

(0246)25-8181

ブログ

BLOG

2018年06月12日

医和生(いわき)会全体 いわきの里

334. 山内理事長や勤務明けの職員も練習!・医和生会ソフトボール部

医和生会グループのソフトボール部がこのほど、いわき市の平市民運動場で練習を行い、医和生会といわきの里の職員同士が親睦を深めました。甲子園出場の経験がある畠山勲理事が監督を務め、山内理事長やいわきの里の村井弘施設長ら職員11人が参加。「陸上魂」とプリントされたTシャツやサッカー・ウクライナ代表のユニフォームを着た職員も見られ、ソフトボール愛に疑問を感じさせつつも、ラグビーの試合後や勤務明けに駆けつけた熱い参加者もいて、楽しく汗を流しました。

DSC_0246 (640x428)

DSC_0557 (640x609)
↑バッティング練習で汗を流す山内理事長

DSC_0043 (640x462)

DSC_0336 (640x616)

● 会話してキャッチボール
キャッチボールでは畠山監督が「会話するように」と指示。医和生会のデイサービスの若手職員といわきの里の新入職員は「仕事で大変だと思ったことは?」「休日は何をしていますか?」などとボールとともに質問を投げ、答えていました。ノックではイレギュラーバウンドのゴロを巧みに処理したり、足で止めたりする“好プレー”も。バッティングでは山内理事長が「最後の責任は自分が取る」という覚悟で守備陣最後方のセンターに就き、内野手が捕れない打球を処理。“忖度(そんたく)”しない打者は痛烈なライナー性の打球を次々飛ばし、山内理事長が右に左に走ってボールを追い掛けていました。練習後の懇親会には勤務明けで疲労した1人をのぞいて全員が参加し、強い結束力を示しました。ソフトボール部は昨年11月に発足。冬季は練習を控えていましたが4月に再開し、今回の練習は3回目。

DSC_0076 (518x640)

DSC_0192 (640x455)

DSC_0100 (640x437)

DSC_0126 (640x558)

DSC_0147 (640x432)

DSC_0228 (587x640)

DSC_0222 (640x428)

DSC_0292 (462x640)

DSC_0402 (640x467)

DSC_0323 (484x640)

DSC_0462 (640x345)

DSC_0341 (640x465)

DSC_0437 (640x419)

DSC_0536 (640x457)

【関連記事】
「当法人のソフトボール部誕生!初練習」 2017年11月25日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-344.html