〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

(0246)25-8181

ブログ

BLOG

2018年05月19日

在宅診療 コスモス訪問看護ステーション

315. 在宅ケアは患者様だけでなく家族のケアも対象

医和生会では通院困難な患者様に対し、在宅訪問診療を実施しています。現在、訪問診療・コスモス訪問看護ステーション合わせて95名の患者様がいらっしゃいます。患者様の情報・ケアの方法を共有すべく、毎月1回、医師と看護師で在宅カンファレンスを開いています。
★カンファ2

★カンファ1

一人ひとりの患者様情報を共有するなかで話題にあがるのは、24時間365日休まずケアにあたるご家族のことでした。

● 献身的な介護を続けるご家族のために
「現在、自宅で寝たきりの患者様をデイサービスの利用につなげて、ご家族の心と時間に余裕を持たせてあげたい」
「デイサービスを利用するなら車いすに乗れるようになったほうが」
「車いすに乗れるようにリハビリの実施を」
患者様のリハビリがご家族の負担軽減にもつながっていきます。

「住み慣れた自宅で最期まで暮らしたい」という想いに医療的な処置だけでは応えることはできません。ケアにあたるご家族が心身共に健康でいることも重要なことです。だからこそデイサービスなどを利用して、患者様とご家族をあえて「離す※」ことも必要になってきます。
※ご家族が自分の時間を大切にするために、患者様とご家族がそれぞれ別の時間を過ごすことを「離す」と表現しています。

コスモス訪問看護ステーションの鈴木聡子科長は家族・本人の意思を尊重してケアを行うことの重要性を改めて呼びかけていました。