〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

0570-080825

ブログ

BLOG

投稿:2023年11月29日更新:2023年12月02日

求人・採用【RECRUIT】 職員紹介 きらくデイサービス

1221. 介護施設の看護師|きらくデイサービス・鵜沼と平

きらくデイサービスの鵜沼と平は、介護施設で看護師として働いています。病棟の看護師と異なるのは、利用者様にじっくりと向き合えることや、同僚とアイデアを出し合っての支援ができること。利用者様から感謝されたり、利用者様の「できた!」という姿に喜びややりがいを感じています。

きらくデイサービスの看護職員の鵜沼(左)と平

● 介護施設の看護師を志したきっかけ
鵜沼は医和生会に入職して7年目、平は4年目になります。ともに看護師歴は約40年で、病棟で働いた経験もあります。鵜沼は、病棟で働いていた頃、点滴や検査などの業務に追われてしまうことが多かったため「患者様とゆっくり向き合える環境で働いてみたかった」と話します。平は看護業務に携わるなかで、認知症の方に対するケアに興味を持ち、医和生会への入職を決めたそうです。

● 利用者様との関わり
認知症対応型通所介護「きらくデイサービス」への配属が決まり、鵜沼は「認知症の方の看護を続けられるか不安だった」と当時を振り返ります。「今もこうして続けることができて、自分でも驚いている」と笑顔。認知症の方は厳しいことも含めて本音で話してくださるので、その中で「ありがとう」と言われた時は嬉しいと施設看護師のやりがいを感じています。平は『この作業は〇〇さんには難しいかな…』と感じていたことに利用者様が挑戦して達成できた時に喜びを感じるといいます。

● 仲間と連携して介護
「退院後に食欲不振になり、ご飯が食べられなかった方が、きらくデイサービスに通うようになったら食事が進むようになったことがあった」と、2人は印象的な出来事を振り返ります。病気の治療が中心である病院とは異なり、介護施設は利用者様にとって「生活の場」であることを再確認したそうです。

利用者様の望む生活をかなえ、楽しく暮らせるよう介護職とアイデアを出し合うのも施設看護師ならではの役割です。利用者様と触れ合う中で「こうすると歩けるようになるのでは」といった気づきを見つけ、仲間と連携して介護に取り組みます。試して失敗もありますが、利用者様ができるようになった時は「嬉しい」と笑顔を浮かべます。

● 安全安心を守る
看護師として、利用者様一人一人の健康や薬を管理するのも大切な役割です。体調の異変を察知すれば、ご家族に病院受診を提案することもあります。利用者様が転倒したり、意識を失ったりする緊急事態には、適切な処置をして利用者様を守ります。2人が「大変だった」と口をそろえるコロナ禍での対応も、法人内の研修で感染対策を学び、職員に伝えて安全を守ってきました。

● みんなと一緒に楽しめる人が向いている
高齢者施設で働く看護師に合うタイプについて、平は人生の先輩である患者様を敬いつつ「触れ合う中で、利用者様の笑顔を見ると癒やされる時がある。お年寄りが好きな方はこの仕事が合うと思う」、鵜沼は「イベントなどみんなと一緒に楽しむのが好きな人は向いている」と、それぞれ話しました。これからも利用者様を笑顔にするため、平は「自分がイライラするとご利用者様に嫌な雰囲気が伝わってしまうので、そうならないよう、落ち着いて対応できるようにこれからも頑張っていきたい」と抱負。鵜沼は「事故がないよう、何より利用者様の安全安心を第一に考えて支援していきたい」と業務に当たる意識を話しました。

<関連記事>
きらくデイサービスの介護職員|金成・田口

コスモス訪問看護ステーション・看護師|伊藤

\「いわき 准看護師 求人」でお仕事検索中のあなたへ!/

詳細な仕事内容や給与、応募方法はこちらから。医和生会(いわきかい)では、現在9職種で職員募集中です。私たちと共に、地域社会に貢献し、やりがいある「医療・介護・福祉」の仕事に挑戦しませんか?