〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

(0246)25-8181

ブログ

BLOG

2020年03月26日

医和生(いわき)会全体

784. これからの介護 職員同士で語る・「あいじいカフェ」

当法人医和生会(いわきかい)グループ職員の仲間づくりの場「あいじいカフェ」が25日夜、医和生会の複合施設「いきいきはうす」で開かれ、「これからの介護を語ろう」をテーマに気軽に話し合いました。参加職員は日ごろ感じる課題を共有し、介護士を志した動機、「ご利用者様目線」の介護の意識を再確認しました。

 

● 「ご利用者様のやりたい事」への意識、再確認

参加者は「やがわせデイサービス」「小規模多機能型すばる」「地域連携・企画広報課」の職員合わせて5人。自己紹介の後、事前に聞き取りしていた「やがわせ」と「きらくデイサービス」の課題を共有しました。近くの保育園児を招いてご利用者様との交流の機会をつくりたい、先進的な介護に取り組む市外の事業所を見学したい、といった意見も。安全面確保の制約も認識しつつ「ご利用者様のやりたい事」を意識するご利用者様目線の大切さを再確認しました。

 

● 介護士になった動機も共有

入職1年目の職員は「優しい人になりたい」とあこがれて介護士になったという動機を共有。参加者それぞれが入職した志を話し合って、施設側の都合に合わせた介護ではなく、ご利用者様を笑顔にしたいという原点も再確認。そのほか、資格に興味のある若手が先輩からアドバイスを受ける場面も見られました。

 

 

● 部署の垣根を越えた交流の場

あいじいカフェは、医和生会とグループの社会福祉法人「いわきの里」の職員が事業所・部署の垣根を越えた交流をする場。去年夏に始まって(※1)毎月1、2回を目標にし、これまで「子育て」「腰痛予防」「写真」(※2)をテーマに開催しています。「子育て」の回のカフェを機に「子育て世代交流会」が誕生したケースもあり、育児中の職員の交流も広がっています(※3)。

 

※1

「あいじいカフェ、スタートの記事」 2019年9月27日投稿:https://iwakikai.jp/blog/2375/

※2

「写真の回」 2019年10月23日投稿:https://iwakikai.jp/blog/2560/

※3

「子育て世代交流会」2020年3月3日投稿:https://iwakikai.jp/blog/3528/

 

【医和生会の介護事業所】

https://iwakikai.jp/service/#care