〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

(0246)25-8181

ブログ

BLOG

2019年04月18日

いわきの里 ボランティア訪問 レクリエーション

561. 懐かしい ハーモニカの音色・いわきの里で「荒川アンサンブル」が演奏

 

いわき市平地区の飯野公民館で活動しているハーモニカグループ「荒川アンサンブル」が16日、当法人グループの地域密着型特別養護老人ホーム「サンシャインよしま」(好間地区)を訪問し、ご利用者様に懐かしい音色を届けました。

 

● 飯野公民館で活動する「荒川アンサンブル」

「荒川アンサンブル」は約15年前に発足しました。60~80代のメンバー10人が月3回、飯野公民館で練習し、公民館のイベントや福祉施設などで披露しています。「サンシャインよしま」を運営する社会福祉法人いわきの里の村井弘施設長が昨年度、「貯筋運動」(※)の講座に指導者として参加した際、受講生の一人が「荒川アンサンブル」に所属していた縁で、今回のボランティア訪問が実現しました。

 

「貯筋運動とは(公益財団法人健康・体力づくり事業財団のホームページより)」:http://www.health-net.or.jp/tyousa/tyokin/index.html

 

 

● アンコール含めて11曲披露

メンバー9人が来所し、ご利用者様約40人を前に演奏。「ふるさと」「赤い靴」「水戸黄門」「知床旅情」など、アンコールを含めて11曲を披露しました。メロディーラインとコードの音色が重なって会場を包み込みます。「あゝ上野駅」をソロで演奏するメンバーは、2つのハーモニカを使い分けて巧みに吹きます。休憩中に感想を尋ねられたご利用者様は「素敵ですね」とうっとり。手拍子しながら歌うご利用者様もおり、楽しいひと時を過ごしていました。

 

 

【いわきの里関連記事】

http://ymciwakikai.jp/blog-category-20.html