〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

0570-080825

ブログ

BLOG

2021年04月05日

小規模多機能型すばる 指導スタッフ

982. 新卒を支える指導スタッフに聞く④・すばるの遠藤

医和生会(いわきかい)の小規模多機能型すばるの遠藤は、新人に「チームの一員」という意識を持ってもらえるよう接しています。同僚にも「みんなで応援しよう」と声掛けして、チームで支えていく雰囲気を醸成。社会人の心得から身に付ける昨年度新卒の猪狩は、ゆっくりと成長の歩みを進めています。「指導スタッフ」を紹介する不定期連載の4回目。

 

昨年度新卒の猪狩(右)をサポートする遠藤

 

● 社会人の基本から指導

遠藤は介護歴約10年。高卒の新入職員を指導するのは2年連続で、昨春から猪狩をサポートしています。まだ伸びしろの多い高卒新人のため、移乗やオムツ交換などの介護技術よりもまず、社会人・介護人の基本から指導していたといいます。ご利用者様のご家族と会う送迎の場面では「制服を着ている以上、ご利用者様やご家族から見て先輩・新人は関係ない。みんな同じスタッフとして見られる」などと教えました。

 

● イベント企画に挑戦してもらう

昨年末、猪狩にイベント企画に初めて挑戦してもらいました(※)。遠藤は「ご利用者様が何を食べたいか聞いてみたらどうだろう」と提案し、後は考えてもらうよう工夫。猪狩はご利用者様に質問して回り、要望が多かった「焼きそば」を調理することに。遠藤は「焼きそばには何を入れる?」「どういう手順で作る?」などと聞いて、考えて準備してもらいました。本番はご利用者様から喜びの声がたくさん出て大好評。年が明けたころから、ご利用者様のちょっとした動きに気付くようになり、「手伝ってもらえますか」と声を掛けてくれる場面も増えてきたといいます。

 

※「猪狩が初めて企画したイベントの様子」 2020年12月19日投稿:https://iwakikai.jp/blog/5076/

 

遠藤と一緒に猪狩が初めて企画したイベント=2020年12月15日

 

● チームで支える雰囲気づくり

遠藤は若手職員に「一人じゃない」とメッセージを送ります。福島県沖地震が起こった2月13日は当時2年目の高卒新人が一人夜勤の日でした。深夜の震度5強の長い揺れで、宿泊するご利用者様を守るために気が動転しているだろうと、遠藤は心配してすぐに駆け付け。その職員に「大丈夫だよ」と安心させ、ほかにも駆け付けた同僚と一緒に片付けしました。大人しいと感じていた猪狩にも、遠藤は「自分の子どもが職場で一人ポツンといたら嫌。一人ぼっちにしないようにした」と、我が子のように温かく支援。同僚一人一人に「みんなでサポートしよう」と呼び掛け、チームで支える雰囲気をつくりました。先輩同士で会話しても輪の中に猪狩がいるようみんなで意識し、「どう思う?」など話題を振ったりするといいます。

 

● 悩みを聞いたりも

遠藤について猪狩は「ご利用者様一人一人に明るく話すところがすごい」と見習い「分からない時には、きちんと話を聞いてくれる」と感謝しています。遠藤は電車通勤の猪狩と帰る時間が同じ時には車で駅まで送り、車内で「困ったことはない?」などと悩みを聞くことも。無遅刻無欠勤の猪狩に遠藤は「休まないしまじめ。社会人として立派」と評し「とても優しい子。もっと笑顔の似合う介護職員になってほしい」と期待を込めていました。

 

【関連記事】

「入職当初の猪狩の紹介」 2020年6月2日投稿:https://iwakikai.jp/blog/4087/

 

「指導スタッフ紹介一覧」:https://iwakikai.jp/blog/?c=%e6%8c%87%e5%b0%8e%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%95