〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

(0246)25-8181

ブログ

BLOG

2019年05月21日

認知症 健康・認知症関連カフェ

580. 丁寧に傾聴 新たな交流も生まれる・オレンジカフェ以和貴 イトーヨーカドー

いわき市平地区の「オレンジカフェ以和貴」が毎月第2火曜、イトーヨーカドー平店2階で開かれています。介護の悩みに一対一で応えるなど傾聴に力を入れています。5月のカフェでは常連の来場者や認知症の男性と介護者が交流。会場に歌声や笑い声が響きました。

 

● 2018年春から受託運営

看護師や保健師、介護支援専門員(ケアマネジャー)ら専門職が常駐する「オレンジカフェ以和貴」は、認知症の方やご家族、地域住民らの交流の場としていわき市地域包括ケア推進課が主催。2015(平成二十七)年11月に始まり、現在は平、小名浜、勿来、常磐、内郷、四倉の6地区の計8会場で毎月1回開かれています(※1)。平地区の「オレンジカフェ以和貴」は当初、市直轄運営で「スカイストア」で開催されていましたが、2017(同二十九)年9月に「イトーヨーカドー平店」に移動。翌年4月からは、デイサービス福老を運営する「株式会社ロングリバー」が受託運営しています。

※ オレンジカフェ以和貴の会場(いわき市ホームページより) http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1454293773647/index.html

 

 

● 認知症の夫と介護する妻が笑顔に

5月の「カフェ」は14日に開催。「ロングリバー」の生活相談員やヘルパーらスタッフ3人と傾聴ボランティア「みみ」のメンバー2人が対応していました。植田地区から毎回通っている女性(79)は、偶然のぼり旗を見て来場してからのリピーター。3、4カ月前から通い続け「ここで友達ができて、毎回来るのが楽しみ」と、電車の定期券も購入。お友達が来ると手を振ってあいさつし、最近の出来事や愚痴をこぼしたりして元気にトーク。「ここで色々話せてストレス解消になるんだ」と笑っていました。その向かいの席で認知症の男性が「みみ」のメンバーと談笑しています。その間、介護する奥さんは別のテーブルでスタッフと一対一で介護の悩みを相談。普段は会話しないという男性は常連の女性と「カラオケ」の話で盛り上がり「ふるさと」を熱唱。帰り際、スタッフと笑顔で握手。ご主人の元気な様子を見てうれしそうな奥さんと一緒に帰っていきました。

 

 

● 「丁寧に相談」 徐々にリピーターも

ロングリバー代表取締役の長谷川正江さんによりますと、毎月の来場者は8人ほど。0人だった日もあったといいますが「人集めよりも丁寧に相談することを重視してきた」と長谷川さん。リピーターも徐々に増えていきました。昨秋には季節感のない服装で認知症の疑いのある男性が来場し、地域包括支援センターに連絡したことも。「悩んでいる人を一人でも支えて、安心して生活してもらいたい」と話していました。

 

【オレンジカフェ以和貴 イトーヨーカドー平店】

開催日:毎月第2火曜(※7、8、10、2月は第3火曜)

時間:11:00~14:00

場所:イトーヨーカドー平店2階(福島県いわき市平六町目6-2)

参加費:無料(飲み物代100円)

問い合わせ:ロングリバー(0246-84-7513)

 

【カフェ関連記事】

<オレンジカフェ>
「植田地区のわいの家」 2019年4月19日投稿:https://iwakikai.jp/blog/506/

「内郷地区のラウンジ・ミュウ」 2019年4月26日投稿:https://iwakikai.jp/blog/621/

<認知症カフェ>
「認知症の人と家族の会」 2018年11月29日投稿:https://iwakikai.jp/blog/519/

<健康カフェ>
「平地区のひなたぼっこ2」 2019年5月15日投稿:https://iwakikai.jp/blog/876/