〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

(0246)25-8181

ブログ

BLOG

2019年04月03日

医和生(いわき)会全体 医和生会の研修・ケア事例発表

551. 「スピーチロックのない事業所を目指して」・医和生会介護職研修

DSC_1000_20190403093738ab2.jpg

● ご利用者様とスタッフの変化
第2回目は3月20日に開催。介護職47名が参加しました。 まごころデイサービスでは「安心出来る声掛け」を目的とし、「帰る!」と言ったご利用者様に対しては「気を付けて下さいね、又来て下さいね」などと言葉を変え、対応。また、アイコンタクトや手を握ったりしながら相手の目線で会話をするよう取り組みを行ったと発表。その取り組みによって「不穏な行動が少なくなった」、「ありがとうの言葉も聞かれ、穏やかになり、落ち着きが見られるようになってきた」とご利用者様の変化についても触れました。評価としては、スタッフ一人一人が言葉一つによって相手がどう感じるかを考えるようになり、意識して発言するようになったということでB評価としました。(A:よくできた~D:できなかったの5段階で評価)

※第1回目の介護職研修「いつもの声掛け大丈夫?スピーチロックについて学ぶ」
2019年3月5日投稿:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-691.html

● スピーチロックのない事業所を目指して
研修の振り返りとして、「傾聴するようになった」「危険予測が出来る様になった」「研修前と終えた後の業務ではスタッフの意識が変わった」との意見があげられました。講師のきらくデイサービス統括責任者矢吹美香は、「今回の研修を通し、スタッフ同士注意し合える環境ができたのでは。ご利用者様に気持ちよく1日を過ごして頂くために、スピーチロックのない事業所を目指してこれからも取り組んでいって欲しい」とまとめました。

DSC_1001.jpg

【関連記事】
「この症状は?医和生会看護職研修」2019年3月12日:http://ymciwakikai.jp/blog-entry-696.html