〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

0570-080825

ブログ

BLOG

投稿:2019年11月06日更新:2021年11月11日

いわきの里 ボランティア・支え合い

702. アニマルセラピー|特別養護老人ホーム「ひなた」に可愛い動物たち

更新日:2021年11月11日

 

動物好きのご利用者様に触れ合いの場をつくろうと、当法人グループの地域密着型特別養護老人ホーム「ひなた」でこのほど、アニマルセラピー※が行われました。いわき市内で活動する動物訪問ボランティア「あいあい」(※記事末尾に関連記事)のメンバーが来所。ご利用者様はフワフワした毛並のワンちゃんをなでたり、ひざに乗せて温もりを感じて安らぎました。

 

※アニマルセラピーとは

動物との触れあいによって、ストレス緩和、精神的な落ち着きなど人の心に癒やしを与えること。最近はペットとしても身近な動物である犬が「セラピー犬」として高齢者施設や病院を訪問することも多い。

 

 

 

 

● 柔らかい表情で見つめる

犬のぬいぐるみを離さない動物好きのご利用者様がいらっしゃり、本物の犬に触れてもらおうと「ひなた」が企画。10月31日の当日、ご利用者様はラブラドールやミックスなどの犬とネコ合わせて10匹と触れ合いました。体重25キロのスタンダードプードルにすり寄られたご利用者様は、きれいにトリミングされたフワフワの毛をなでなで。企画するきっかけになった動物好きのご利用者様は、かごの中でスヤスヤ眠る白ネコをしばらくひざに乗せ、なでて温もりと毛並を感じます。柔らかい表情を浮かべながらじっとネコを見つめていました。ワンちゃんはご利用者様の前に並んで記念撮影したり、ゴロンと仰向けに寝転んだり、元気いっぱいにはしゃいでいました。

 

 

 

【関連情報】

いわきの里「ひなた」ホームページ

 

【関連記事】

動物(アニマル)セラピー お年寄りに安らぎ支援・「あいあい」代表の酒井さん

 

医和生会(いわきかい)ショートステイで初めてのアニマルセラピー

 

犬や猫が高齢者の心を癒やす【医和生会(いわきかい)ショートステイで2回目のアニマルセラピー】

 

<医和生会(いわきかい)の求人・採用情報>

医療的ケアや介護が必要になっても、これまでの暮らしを諦めず、家で・家族と暮らす“当たり前”を可能にするため、【在宅医療・介護】について、一緒に考え、支えてくれる仲間を募集しています。

https://iwakikai.jp/recruit/