〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

(0246)25-8181

ブログ

BLOG

2019年12月02日

認知症 健康・認知症関連カフェ 地域の話題

719. オレンジカフェが「いつだれkitchen」で始まりました

市内で10か所目となる「オレンジカフェ以和貴」が、先月20日、平上荒川の「いつだれkitchen(キッチン)」で始まりました。来場者はホットプレートを囲み、みんなで料理を作りながら楽しく交流。「認知症の母をいつか連れて来たい」と話す方もいらっしゃいました。

 

●新たなオレンジカフェが誕生

運営は障がい者や高齢者の生活を支援するNPO法人布紗(ふさ)。「いつだれキッチン※1」で始まったきっかけは、毎週木曜の開店日に来店した認知症当事者のお客様。「いつだれキッチンを認知症の方やご家族の居場所にしたい」という布紗の想いとオレンジカフェ※2を主催するいわき市地域包括ケア推進課の想いが一致し、新たなオレンジカフェの誕生に結びつきました。

 

※1…「いただき物で温かい手料理 『食』を通した交流の場・『いつだれkitchen』」

2019年6月19日投稿:https://iwakikai.jp/blog/1229/

※2…「認知症カフェ事業『オレンジカフェ以和貴』&その他のカフェ事業」

http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1454293773647/index.html

 

●ホットプレートを囲むスタイル

「みんなで料理を作って楽しく交流しよう」と、いつだれキッチンでのオレンジカフェではホットプレートを囲みます。会場に訪れた約15人のお客様は焼きそばを作りながら、おしゃべり。途中から「余った食材を持って来た」という方も参加しました。いつもはお勝手に立っているスタッフの家族が混ざったり、「いつだれキッチン」常連のお客様が抹茶を振る舞ったりと終始なごやかな雰囲気。来場者のなかには「認知症の母をいつか連れてきたい」と話す方もいらっしゃいました。

今月の開催日はクリスマスも近いため「ホットプレートでパンケーキを作ったら楽しそう」という声も。今後は、布や毛糸を使った製作に取り組みながら、交流を楽しむアイディアもあがっています。

 

 

 

 

【オレンジカフェ以和貴 inいつだれkitchen】

開催日:毎月第3水曜日

時間:11:00~14:00

場所:いつだれkitchen(福島県いわき市平上荒川字桜町1-1「あらたな内」)

参加費:お茶代 100円

問い合わせ:NPO法人布紗 080-3145-9582

 

【関連記事】

「オレンジカフェ 運営アイデアを共有・事業所が意見交換」2019年9月6日投稿:https://iwakikai.jp/blog/1988/

「栄養士手作りおやつも味わえます・オレンジカフェ以和貴サンライフゆもと」2019年9月2日投稿:https://iwakikai.jp/blog/1954/

「丁寧に傾聴 新たな交流も生まれる・オレンジカフェ以和貴 イトーヨーカドー」2019年5月21日投稿:https://iwakikai.jp/blog/898/

「認知症の理解 近所住民に広がる・植田地区の『オレンジカフェ以和貴わいの家』」2019年4月19日投稿:https://iwakikai.jp/blog/506/