〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

(0246)25-8181

ブログ

BLOG

2019年12月05日

障がい福祉

722. 障がい者のアートや授産製品 見て!・障がい者作品展

いわき市の「障がい者作品展」と授産製品が並ぶ「福祉の店」が7日まで、いわき市総合保健福祉センターで開かれています。普段の活動での制作物や受賞したアート作品、丹精込めて作られた授産製品が並び、障がい者の輝く才能を来場者にアピールしています。

 

 

 

 

 

● ポスターの絵を描いた福島さんを表彰

「障害者週間」(12月3~9日)に合わせ、いわき市が毎年主催し34回目。今年のテーマは「令和 平和 みんなの和(輪)」です。作品展のほか、手作り品を販売する「福祉の店」も開かれました。オープニングセレモニーでは、いわき地区障がい者福祉連絡協議会の鈴木繁生会長が「アートは障がいのあるなしに関わらず、すべての人が自分を表現できる手段。人の心を動かすことができる」と呼び掛けてあいさつしました。今年のポスターに採用された絵を描いた福島久枝さん(NPO法人なこそ授産所「自立生活きらきら」)は来場者を前に花束と記念品を受け、記念撮影に応じていました。

 

絵がポスターに採用され、花束と記念品が贈られた福島さん(右)

 

ポスターに採用された福島さんの絵

 

● 絵画、書道、立体作品などずらり

会場には市内の25事業所から約290点が出展されました。事業所の活動で制作した絵画、書道、立体作品、手芸など思い思いに表現した力作がずらり。福島さんが描いた、花の中で楽しくおしゃべりしている絵も飾られています。赤、ピンク、オレンジ、黄色を主体に色鉛筆で鮮やかに彩った絵画で、福島さんは「喜びと楽しみを表現しました。暗くなっている人が絵を見て明るくなってほしい」と話していました。個展を開いて活躍している蒲生卓也さんの絵画、福島県障がい者芸術作品展に入選した佐藤花子さんの作品「自己表現」、「日本財団DIVERSITY IN THE ARTS公募展」で佳作に輝いた絵「燃えるグレープフルーツ」といった本格的なアート作品も並び、来場者を引きつけました。

 

個展を開いて活躍している蒲生さんの絵画

 

福島県障がい者芸術作品展に入選した作品「自己表現」

 

「日本財団DIVERSITY IN THE ARTS公募展」で佳作に輝いた絵「燃えるグレープフルーツ」

 

● 福祉の店もにぎわい

福祉の店はこの日、授産製品を作っている11事業所がそれぞれ出店。米ぬか石けんやドーナツ、ジャム、とうふ、さをり織りの小物、コーヒーなどが並びました。小さなカップにサンタクロースが乗ったクリスマス飾りを見た来場者は「かわいい!」とテンションが高まり、お気に入りの品を購入。米麹をふんだんに使用したみそのコーナーでは、事業所の利用者が「おいしいですよー」と来場者に大きな声で呼び掛けていました。理科の実験コーナーではスライムづくりが行われ、親子連れであふれていました。

 

 

【第34回障がい者作品展】

開催日:2019年11月30日(土)~12月7日(土)

時間:午前10時~午後5時(最終日は午後2時まで)

場所:いわき市総合保健福祉センター(福島県いわき市内郷高坂町四方木田191)

入場料:無料

主催:いわき市

 

【関連記事】

・去年の障がい者作品展2018年12月5日投稿:https://iwakikai.jp/blog/404/

・障がい者施設で提供している製品や役務のカタログ「HAND♡MADE IWAKI(ハンドメイド いわき)」 2018年5月10日投稿:https://iwakikai.jp/blog/1050/

・いわき市役所本庁舎1階で定期開店している「福祉の店」 2017年10月18日投稿:https://iwakikai.jp/blog/2729/