〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

0570-080825

ブログ

BLOG

投稿:2022年03月11日更新:2022年12月02日

きらくデイサービス 人事(求人・採用・教育) 職員紹介

1080. 新卒職員のサポーター「指導者スタッフ」を紹介①・「きらくデイサービス」の金成(生活相談員兼介護職) | 求人・採用・教育

医和生会(いわきかい)では新入職員が安心して働けるよう「指導スタッフ」がサポートしています。仕事の悩みに応えたり、介護の技術を教えたりして寄り添っています。そんな指導スタッフを一人一人、不定期で紹介していきます。1回目はきらくデイサービスで高卒新人を指導している金成。

 

● 介助の意味も伝えて指導

金成は入職14年目。昨春に高校を卒業して入職した中谷の指導を担当しています。中谷の第一印象は「自分の意見をしっかりと言える子」。 介護未経験者なので、基本的な介護の知識や技術をしっかり教えるのを意識していたといいます。指導の声掛けで注意していたのは、介助の意味も含めて教えること。介助が必要なご利用者様が急に立ち上がった時に「介助して」とだけ指示するのではなく、そのご利用者様の特徴を伝えた上で「1人で歩くと転倒のリスクがあるので介助してほしい」と伝えるといった具合に心掛けたといいます。

 

指導スタッフの金成(左)と、指導を受けている中谷

 

● 質問されたら丁寧に回答

金成は「(中谷は)疑問をすぐに聞いてくるので今は教えることもあまり無くなった」と話します。ご利用者様の名前と特徴も1カ月くらいで覚え、中谷から「今日は○○さんが来る日なので、○○に気をつけたほうが良いですよね?」と声が掛かってくるほどだったと振り返ります。「さっきの対応はこれでよかったですか?」など自分から尋ねてくるので、金成はそのつど丁寧に指導。吸収するスピードも速いので、「(中谷は)陰ですごく努力をしていたんだと思う」と、早い成長に驚いていました。

 

● 指導を受けた中谷は感謝

金成の教えについて中谷は「介護の楽しさや難しさを教えてもらった。お陰で辛いと思うこともなく、1年があっという間だった」と感謝。ご利用者様の名前と特徴をすぐに覚えられたのは、「お話好きな◯◯さん」「声が大きい◯◯さん」など特徴と名前を合わせて覚えた方がいいという金成のアドバイスのお陰とも。初めてイベントを企画した時には「ご利用者様も職員も楽しめるようにするとうまくいくよ」と助言を受け、腰を痛めた時には腰に負担が少ない介助技術を教わり、中谷は「教え方がうまく、些細なことも教えてくれ、お陰で成長できている」と感謝していました。

 

「中谷が初めて企画した運動会イベント」

 

● 「声の掛け方と傾聴力を後輩に見せてほしい」と期待

中谷の今後の成長について、金成は「これまでは仕事のやり方を吸収する時期だったけど、今は先輩に言われなくても自分で考えて行動していく時期」と話します。中谷の長所について「ご利用者様へのコミュニケーションが上手で、否定をしない。興奮してしまうご利用者様にも物おじせず『お部屋で話しましょう』と長時間傾聴して落ち着かせる対応力もある」と評し「後輩ができた時に、こういった声掛けを真似してもらえる先輩になってほしい」と期待していました。

 

<関連記事>

「21年度新卒・中谷の紹介記事」

 

・高卒・介護職への指導者

「新卒を支える指導スタッフに聞く④・すばるの遠藤」

「新卒を支える指導スタッフに聞く①・やがわせデイサービスの菅野」

 

・大卒・相談員への指導者

「新卒を支える指導スタッフに聞く③・ショートステイの須藤」

 

・理学療法士への指導者

「新卒を支える指導スタッフに聞く⑤・通リハの村山」

・入職当時の渡邉の紹介記事「優しい口調 積極的に声掛け・新人紹介① 渡邉」

 

<医和生会(いわきかい)の求人・採用情報>

医和生会は1年以内の新卒離職率0%!新卒フォロー面談や「若手ラボ」といった教育支援を通して、若手職員の定着につなげています。
https://iwakikai.jp/recruit/