〒970-8036 いわき市平谷川瀬一丁目16-5

0570-080825

ブログ

BLOG

投稿:2022年06月22日

ショートステイ 人事(求人・採用・教育) 職員紹介

1111. 新人紹介⑤・「ありがとう」と感謝されやりがい・ショートステイの湊

医和生会(いわきかい)ショートステイの湊は、「ありがとう」と感謝される喜びを感じて働いています。中学時代の職場見学で感謝された喜びは今も思い出。ご利用者様の力になれるよう、今は介護技術の習得を頑張っています。新卒職員を紹介する5人目。

● 職場見学の思い出
湊は小中学生の時に高齢者施設を職場見学。中学1、2年生の時には実際の介護を体験し、ご利用者様から「ありがとう」と言われた喜びが思い出に残りました。街で測量士を見掛けたのを機に土木に興味を持って、高校は土木科に進学。就職活動では土木関係の会社から声は掛かったものの、「自分がやりたいこととは違う」と悩みました。その時、思い出したのが高齢者施設での職場体験で、先生の勧めもあって介護職を志望。高校卒業までに初任者研修を受講して合格もしました。

● 介護技術の習得が課題
かつて見学に行った高齢者施設では、元気なご利用者様ばかりでしたが、入職後、そのイメージは変わりました。研修先で認知症のご利用者様と関わるなかで「みんなが元気とは限らない」と、介護の大変さを感じました。介護を必要とするご利用者様の力になるため、今はベッドから車いすへの移乗を覚えているところ。「先輩が細かく教えてくれるし、実際にやって見せて説明してくれるので分かりやすい」と話します。家では、医和生会の介護技術の基本をまとめた冊子「医和生会ベーシック」を読んで復習しているといいます。

● ご利用者様と長く付き合える
ホールの見守りでは、テレビを見ているご利用者様に「いつもこのドラマを見ているのですか?」と声掛け。会話を楽しみながら、服のボタンが外れているのに気付き、ボタンを締める気遣いも見せていました。別のご利用者様から声を掛けられると、ひざをついて視線を合わせて傾聴。楽しげに話すご利用者様に寄り添っていました。ショートステイでの現在の仕事は、バイタル測定、お茶出し、昼食・おやつ・夕飯準備、トイレ誘導、見守りなど。ショートステイのご利用者様は長期宿泊の方も多く「関わる時間が長い分、ご利用者様のことを深く知ることができる」と感じています。この仕事のやりがいについては「ご利用者様からの頼まれごとに対応できた時に『ありがとう』と喜ばれるのが嬉しい」と話していました。

● 「将来は後輩から頼りにされたい」
高校まで福島市で生活していたため、いわき市の土地勘はゼロ。いずれご利用者様の送迎の仕事も任されるようになると想定し、休みの日は市内をドライブし、土地勘を身に付けています。今の目標は「仕事の流れをしっかり覚えて、やるべきことを自分から率先して動けるようになりたい」と語ります。その先の目標は「将来、後輩から頼りにされる介護士になりたい」と見据えていました。

【関連記事】
<今年の新人関連>
辞令交付式
入職者研修
行動目標の発表会
辞令交付式

<今年の新人紹介>
①「小規模多機能型すばる・髙木
②「小規模多機能型さらい・山口
③「きらくデイサービス・鈴木
④「やがわせデイサービス・佐藤

<昨年の新人紹介>
「やがわせデイサービス・藁谷」
「きらくデイサービス・中谷」
「ショートステイ・長内」

<昨年度の指導スタッフ紹介>
「①きらくデイサービス・金成」
「②やがわせデイサービス・菅野」
「③前ショートステイ・須藤」
 「④ショートステイ・草野」

<医和生会(いわきかい)の求人・採用情報>
医和生会は1年以内の新卒離職率0%!新卒フォロー面談や「若手ラボ」といった教育支援を通して、若手職員の定着につなげています。
https://iwakikai.jp/recruit/